★(・∀・)大阪無料案内所が行く★B級グルメ★立ち飲み★センベロ日記
無料案内所というタイトルですが健全なサイトです。梅田・十三・天神橋・ミナミ・新世界etc・・・大阪のディープなB級グルメを紹介しています。
カテゴリー

グルメ情報

検索フォーム

プロフィール

プリッツ

  • Author:プリッツ
  • 大阪人によるB級グルメ・街の案内を中心に面白ニュースやなど紹介していきます。飲み歩きの事を管理人は「オサーンツアー」と呼んでいます。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
■ホルモン:本家ホルモン道場(新世界)
今日は、大阪B級グルメの最高峰!?ジャンジャン横丁のレポです。

最近は、旅のガイドブックにどんどん新世界が紹介されて某串カツ店に長蛇の行列が出来ています。
そんな行列を横目にお目当てのホルモン道場へ到着



店内に入ると20席のコの字のカウンターの真ん中に、ホルモンを焼く(・∀・)イイ!!香りとおっちゃんの笑顔に迎えられます。
先ず、大瓶ビール500円を注文 アサヒかキリンかを聞いてきます。
スーパードライを注文して友人と乾杯!

続いてミックスホルモン450円とアブラミ450円、生キモ450円をオーダーしました。



ちまみにアブラミとは舌下といわれる舌のつけ根のです。普通なら、タン(舌)でいっしょくたんにされてしまうのを、「本家ホルモン道場」では、あえて別にしているそうで名前のとおり脂がついているもののタンよりは柔らかい肉の味わいでした。その他、チョウ(大腸)、ココロ(心臓)、ミノ(胃)、マメ(腎臓)、キモ(肝臓)などお馴染みのメニュー札が席の後ろの壁にずらっと並びます。
実は、ホルモン焼きといっても、つくり方も食べ方も多様なんだそうで、この店は、先代が鉄板で焼くのを始め、以来、秘伝のタレともども変わらぬ味が受け継がれています。注文をきいて、油をひかずにホルモンを焼きますが、このとき、もやしも炒めます。なんと、ひと皿ごとにキャベツともやしが付いているんですよ。焼きたてに、コテでタレをひとかけして、完成。これでほどんど450円だから、ボリューム満点。

熱々のホルモンはとても(゚Д゚)ウマーでした。
追加で、コメカミ450円とチョウ450円、大根の漬物100円を注文
締めて3200円でした。
ほろ酔い気分で友人と楽しい時間を過ごしました。

■住所/大阪市浪速区恵美須東3丁目2ー23
■電話/06ー6631ー3466

地図http://map.yahoo.co.jp/pl?nl=34.38.48.871&el=135.30.32.700&la=1&sc=2&CE.x=246&CE.y=258
TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://pretzcom.blog13.fc2.com/tb.php/16-ea0580da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。