★(・∀・)大阪無料案内所が行く★B級グルメ★立ち飲み★センベロ日記
無料案内所というタイトルですが健全なサイトです。梅田・十三・天神橋・ミナミ・新世界etc・・・大阪のディープなB級グルメを紹介しています。
カテゴリー

グルメ情報

検索フォーム

プロフィール

プリッツ

  • Author:プリッツ
  • 大阪人によるB級グルメ・街の案内を中心に面白ニュースやなど紹介していきます。飲み歩きの事を管理人は「オサーンツアー」と呼んでいます。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
■サーロインステーキ定食:中華食堂 十八番(天六)

今年4月8日に天七から天六北側へ移転した、地元民がコヨナク愛する中華食堂。移転のオープン当日は、サーロインステーキ定食が仰天の180円で提供だったそうです。オープンセールとは言え、今時びっくりラーメンですらこの値段で食べられなくなったのに・・・凄いの一言ですな。


HI360011_20090419004038.jpg
店名にちなんで毎月18日はサーロインステーキがワンコインで食べられるお得な日。用事ついでに訪問してきました。普段もお得な日替わり定食が黒板に書いてあるのでそれを見て入るお客さんも多い様です。


HI360013_20090419004058.jpg
天五にも同系列の支店があり、こちらは本店だそうです。メニューも豊富でほとんどの定食が500円から600円台。終日食べられるので食卓代わりに出来ますな。


HI360012_20090419004048.jpg
ダブル炭水化物の丼+ラーメンも充実してますわ。


HI360014_20090419004116.jpg
カウンターに座り厨房の様子を見ると、6人体制で調理をしています。お運びさん2人も合わせて8人体制ですな。その為、注文から出てくるまで、超特急とは言いませんが結構早いです。
一見普通のステーキですな。1人前150gほどでしょうか。鉄板の上ではないので、アツアツではありませんが、ちょっとレアな焼き加減で(゚д゚)ウマーです。ソースは、焼肉のタレをあっさりしたような醤油味でご飯によく合いますな。


HI360015_20090419004129.jpg
肉質はワンコインなのでそれほどよくありませんが、CPを考えるとこの値段で食べられること自体、随分お徳ですな。定食なのでライスと玉子スープが付きます。このライスが以外に多い!体育会系や今日はがっつり食べるぞ!という時にはもってこいのお店です。500円を払い店を後にしました。ごちそうさま。



大きな地図で見る
住所:大阪市北区天神橋7-2-13  
電話:06-6353-3686
営業時間:AM4:59~翌AM0:01
定休日:無休
スポンサーサイト
TOP
■鰻まむし:天五屋(天満)

DSC03766.jpg


天満の裏通りにある創業80年の老舗うなぎ専門店ですわ。関西風のうな丼が食べられる有名店で、夜7時から営業という独特なスタイル。この看板だけでは何屋かわからんですな。さー入ります。



DSC03760.jpg
いきなりメニューに「鰻は全て、特上の大きい鰻です。」と自信たっぷりのコメントがあり専門店らしさを醸し出しています。店内は、昭和の雰囲気で庶民的ですな。呑みに行く前の腹ごしらえで入ったので、一番ボリュームが少ない鰻まむし2枚のせ(850円)を注文!



DSC03762.jpg
うな丼の登場です。特上の大きい鰻!?それほど大きくありませんな。食べてみると肉厚さもなくそれほど旨くありませんな。焦げも気になりますな。タレは、あっさりしていて私好みです。以前は450円だったそうで原料高騰からかなり値上げされたそうです。


DSC03764.jpg
単品でも、すまし汁と漬物が付いてきます。でも味は普通。最後まで店内には私と友人だけ、土曜の食事時にこの状況。わかるような気がします。丼2杯で〆て1700円也。ごちそうさんです。



大きな地図で見る
住所:大阪市北区池田町5-6 
電話:06-6351-8110
営業時間:夜7:00~売切れ次第閉店
定休日:土・祝前日
TOP
■ビールセット:餃子の王将・阪急東通り店:(梅田)
HI360010_20090419005334.jpg
言わずと知れた大衆中華の代名詞「王将」。お得なビールセットが目に付き入店!ドリンクは生か瓶ビールを選択。餃子・キムチと一品(ジンギスカン・酢豚・レバニラ)を選びます。


HI361500.jpg

HI361498.jpg
店内は、1階がカウンターで2階はテーブル席です。東通り商店街にあるので夜になると満席の事が多いのですな。半月ごとに100円から50円単品が安くなるフェアーをやってますな。今はイコーロですわ。



すぐに餃子が出てきました。あらかじめ焼いてあるみたいです。ニンニクの利いた餃子はビールが合いますな。旨い!!「餃子一日100万個」のフレーズが出てくるのは私だけでしょうか?


HI361521.jpg
レバニラ旨いですな。少し皿が小さいですがボリュームがありビールを飲むと満腹になりますわ。会員カードの「ぎょうざ倶楽部」を提示して5%サービスの1000円也!ごちそうさま。

近年店舗数も増え、大衆中華の代名詞王将と言っても過言ではありませんな。ただ料理人によって味付けにバラつきがあるのがネックですな。店舗によっては皿洗いをすればタダ飯を食べられる所もあるそうです。




大きな地図で見る
住所:大阪市北区堂山町5-3
電話: 06-6312-3101
営業時間:月曜~土曜・祝日 11:00 ~ 翌3:00 日曜 11:00 ~ 翌2:30
定休日:無休



TOP
■ほろ酔いセット:七輪炙り焼き まほろば 天満店(天満)

JR天満駅の南側の広場にある駅前の居酒屋さんですわ。海鮮居酒屋の様ですが、炙りがウリだそうです。


DSC03783_20090406011110.jpg
これを見たんですわ。CPはなかなかじゃありませんか?(瓶ビール・日本酒は除くとあるので注意)
店内の様子を覗こうとすると、店員さんが扉を開けて「いらっしゃいませ~」と一言。せっかく迎えてくれたんだから入りましょう。


DSC03796.jpg
店内は、先客がテーブルに4人だけ。土曜の夜なのに空いてますな。居酒屋おきまりの日本酒オンパレード!(空瓶でした)


DSC03788_20090406011120.jpg
メニューは、普通の居酒屋価格。駅北側のオサーンストリートの価格体系から考えると高いと感じますな。


DSC03792_20090406011129.jpg
店頭で見た、ほろ酔いセットを頼むことにしました。ドリンクは、チューハイ、つきだしの枝豆は「黒豆の枝豆」ですわ。濃厚な豆の旨味が酒に良く合います。この枝豆は秋しか無いはずなんですが冷凍保存の加工品があるのかな?小鉢のもやしもちゃんと下味が付いていて普通に旨いです。


DSC03793.jpg
造りがやってきました。ほたて貝柱です。きれいに切って並べてありますな。これで2人前。大粒の貝柱が2個分です。レモンスライスが程よい酸味で旨いです。


DSC03798.jpg
炙りでっせ~ お魚は「ハタハタ」。店員さんが七輪を持ってきてくれます。2匹だけ焼くのに申し訳ないですな。


DSC03800.jpg
えー色に焼けてきました。炙りってどうしてこんなに旨いんでしょうな。炙りが好きで家でも金網でトロサーモンを炙って食べることがあります。一夜干しのスルメも旨いですな。
店の雰囲気も良く、スタッフも心のこもった接客で居心地の良い居酒屋ですわ。今日は、ほろ酔いセットのみで終了。〆て2100円也。ごちそうさん!次に行きますか。

※帰りにスピードくじを渡され開封してみると、手書きでドリンク1杯サービスと書いてありました。(必ず当るみたいです)そのままドリンク券として渡しても良いのでは・・・



大きな地図で見る
住所:大阪市北区天神橋4-4-20 
電話:06-4801-9489
営業時間:11:30~14:00 17:00~24:00
定休日:第1第2第3火曜日
TOP
■立ち飲み:酒の奥田 串かつ裏店(天満)
DSC03772.jpg
以前紹介した酒の奥田の反対側にある串かつメインの立ち飲み屋さんですわ。驚く事に串かつは50円からの西成プライス!ついでに酒類は、酒屋経営なので飲食店でありながら希望小売価格です。大瓶が350円也!「塩」の看板がえー味出してますな。


DSC03768.jpg
この看板を見たら入りたくなりますな。


DSC03777.jpg
店内は、奥田流の決まりが以下の通りあります。

その1 禁煙 ←店主が禁煙派なんでしょうな。私には嬉しい限りです。
その2 携帯禁止 ←メールや写真はOK。通話禁止です。
その3 ソースの2度漬けおことわり ←大阪人なら当然知ってるお約束です。


DSC03778.jpg
表にある酒の奥田と厨房が繋がっています。こちらの方が営業時間が長いのでお客さんが厨房を通り流れてくる事もあります。ハシゴが出来るという表現が正しいのかもしれませんな。


DSC03775_20090406011001.jpg

DSC03776_20090406011013.jpg
串かつ、おでん、一品と種類は多くありませんが、ちょっと一杯やるには十分ですな。大瓶(350円)とかんぱち造り(350円)をオーダー!


DSC03774_20090406010952.jpg
かんぱち新鮮で(゚д゚)ウマーです。最近思うのですが、この手の店では生ビールがあるのに、皆大瓶で飲んでますな。mlあたりの値段が大瓶の方がお得だからでしょうな。


DSC03780_20090406011041.jpg

DSC03781_20090406011051.jpg
続いてメインの串かつですわ。どてかつ(150円)、ちくわ・うずら・下足・(各50円)、ささみしそ巻き(100円)、を2本づつ頂きました。新世界であるような厚い衣ではなく、薄めであっさりしてますな。うずらは2個一串、下足はぶつ切りが3個とCPは最高レベル。珍しいどてかつとは、大きめにカットしたどて焼きを、串かつにしたもので、脂身が旨い高カロリーな逸品ですわ。


DSC03782.jpg
激安串かつを満喫してお愛想!〆て2人で1500円也!定食屋みたいな値段ですな。これで商売儲かるんでしょうか?ごちそうさん!満足満足!



大きな地図で見る
住所:大阪市北区天神橋4-12-22 
電話:06-6351-9514
営業時間:10:00~13:00 15:00~21:00
定休日:日・祝

TOP
■あさチャン定食小:ちょいめし あさチャン(日本橋)

一見何処にでもあるような店構えですが、日本橋名物と言っても過言ではない定食屋さんですわ。その魅力は、通常の店では考えられない怒涛のボリューム。場所は、裏路地にあり見つけにくいのですが、絶えず行列が出来ているので、それを目当てに探してください。


DSC03607.jpg

DSC03606.jpg
ユーモアがある面白い張り紙があるのも、この店の特徴なんですわ。全日本ミニスカート推進協会 会長とは・・・一体・・・orz
100円引きとありますが女性の姿はありませんな。ではランチタイムとしましょうか。


DSC03608.jpg

DSC03609.jpg

DSC03610.jpg

DSC03611.jpg
メニューは、定食・カレー・丼から選びます。当然トッピングなどは組み合わせ自由。あまり調子に乗って注文すると、リバース罰金3000円の刑が待っていますので気をつけて下さい。私は、あさチャン定食小(880円)をオーダー!小が付いているので安心して頼みましたが、厨房から出てくる他のお客さんが注文したものを見ているとデカ盛りというかバカ盛りのオンパレード!!ハンパではありませんな。ちょっと焦ってきました。


DSC03613.jpg
大型プラズマテレビを見て待つこと10分。ご対面!!
これで小!?と目を疑います。普通の店なら大盛りですな。もう一度言います。これで小ですわ・・・orz


DSC03612.jpg
アップにしてみました。直径20cm以上あるちくわの唐揚げが4本、15cmほどのフランクフルトの唐揚げが1本、素揚げのソーセージが3本、コロッケ1個と目玉焼き、さらに大盛りのキャベツサラダですわ。いったいカロリーがいくらになるか考えるのが恐ろしい量ですな。


DSC03614.jpg
ご飯は、まさにマンガ盛りそのもの。1合半以上はあると思います。中盛りなら3合、大盛なら4合だそうです。味噌汁のワカメもやたら多く、全てにおいてデカ盛りの要素を踏まえています。気合を入れて食べましたが、当然全て食べられる訳も無くチクワを2本とご飯半分を残してリタイヤ!完食率はどれくらいなんだろうと考えながら店を出ました。「ちょいメシあさチャン」男なら黙って挑戦するべし。ごちそうさま。


※カレーのルーは甘口のみでおかわり自由だそうです。



大きな地図で見る

住所:大阪市浪速区日本橋3-8-2 
電話:06-6631-1134
営業時間:11:00ごろ~18:00(日曜、祝日は~17:00)
定休日:不定休(月3回程度)

TOP
■串かつ:近江屋 支店(新世界)

通天閣のほど近く、新世界の老舗串かつ屋さんですわ。本店は、早く閉まるので斜め向かいの支店へ案内されました。店頭では、ショーケースに入った串かつが並んでいます。もちろんテイクアウトOK!ピンクの看板は珍しいですな。早速入りましょうか。


DSC03417.jpg

DSC03419.jpg
ファーストドリンクは、生中アサヒ熟撰(500円)と友人はウーロン茶(150円)。串かつ盛り合わせ(1080円)と串かつ(90円×2)を注文!揚げもののえー匂いがしますな。


DSC03425.jpg

DSC03420.jpg
もちろんキャベツは当然食べ放題!2度漬けお断りソースもお決まりのルールですな。


DSC03423.jpg
乾杯!アサヒ熟撰はB級グルメで出されるのは珍しいですな。奥深い味ですわ。


DSC03427_20090213010239.jpg
キャベツをソースに漬けてつまみながら待つこと5分。串かつ盛り合わせのキス、玉子、ほたて、はも、串かつ肉、鶏から揚げのセットと串かつ2本が一気に来ました。衣自体は厚め、ソースはやや甘いですな。鶏から揚げはボリューム満点で最高に(゚д゚)ウマーですよ。他は、アツアツなので普通に旨いです。地元民と観光客の比率は半分づつぐらい新世界ビギナーでも安心して入れる一軒。本場新世界の王道の串かつ屋と言ったところです。〆て1910円也!ごちそうさま。


大きな地図で見る
住所:大阪市浪速区恵美須東2-2-8
電話:06-6631-0095
営業時間:月~水、金、土15:00~22:00 日・祝12:00~22:00
定休日:木
TOP
■立ち飲み:倉敷(天六)

天六側北界隈で、たまたま見つけた渋い立ち飲み屋さんです。目立たない立地ながら地元固定客に愛されるこのお店。大将の真面目な仕事と、こじんまりさが大変居心地良いと印象を受けました。


DSC03531.jpg
正統派の立ち飲み屋を感じさせますな。


DSC03533.jpg
DSC03534.jpg
DSC03536.jpg
メニューは、大瓶ビールが450円と立ち飲みにしては普通ですが、アテは150円から350円までと激安の天六価格。近所のスーパーで惣菜を買うのと変わりませんな。


DSC03543.jpg
厨房が丸見えですな。鍋は中華鍋を使っておられます。


DSC03544.jpg
存在感のある冷蔵庫。これ店内奥の客席側に堂々と置かれています。なんかアットホームですな。

DSC03538.jpg
先ずは、チューハイ(280円)×2で乾杯!スピード一品のたこわさび(150円)をつまみながら野球を見てました。


DSC03540.jpg
続けて、牛スジ煮込み(350円)といわし甘露煮(150円)をオーダー 。牛スジ煮込みは、しっかり味付けされており酒が進む逸品ですわ。甘露煮は普通ですな。


DSC03542.jpg
このキュウリ酢の物(300円)が絶品なんですわ。酢の物というとタコが定番ですが、ココではちりめんじゃことカニかまぼこの組み合わせ。キュウリの切り方、塩もみから具材をあえるまで見ていると丁寧な仕事が伺えます。ボリュームもありおすすめの逸品です。ちょっと混んできたのでこの辺でお愛想!〆て1510円也。ごちそうさま。



大きな地図で見る

住所:大阪市北区天神橋7-5-23 
電話:06-6354-4057
営業時間:
定休日:



TOP
■まんねんMセット:まんねん(梅田)

東通り商店街の程近く、新御堂筋に面したラーメン屋さんですわ。週末や夜には場所柄相当混み合います。訪問した時も土曜の深夜だったので満席。回転が良いのですぐ座れました。お洒落な店内なので女の子の姿もちらほら見受けられます。


DSC03430.jpg
さて何にしようかな~
特製ラーメンと2/3チャーハンのちょっとお得な、まんねんMセット(780円)に決定!好みで、麺の太さ(平麺・細麺)麺の固さ(強硬・硬め・普通・軟め) チャーシュー(モモ・バラ)油の量(多め・普通・少なめ)が選べます。細麺、硬麺、バラ肉、油の量普通にしました。


DSC03432_20090213010305.jpg
つけ麺が食べたかったんですが、限定50食の為完売。次の機会にします。


DSC03437.jpg
無料トッピングの紅ショウガとニラです。ニラは天一みたいですな。


DSC03434.jpg
ラーメンですわ。豚骨しょうゆのスープは、コクがあるのにそれほど濃厚さを感じないさっぱりしてます。細麺によく絡みますな。なかなか旨いです。


DSC03436.jpg
こちらは、2/3チャーハン。パラパラでこちらもあっさり味。具が少ないのがマイナスポイントですが、セットのボリュームがあるのでギリギリ合格という感じです。餃子も有名で美味しいそうですよ。ごちそうさま。



大きな地図で見る

HP
住所:大阪市北区堂山町5-9 扇会館1F 
電話:06-6315-5121
営業時間:平日 AM11:00~翌5:00 金、土、祝前日AM11:00~翌6:00
定休日:無休
TOP
■ブラックラーメン&塩とんこつラーメン:ラーメンZAKARI(西心斎橋)

アメリカ村にある富山ご当地黒系ラーメンの専門店ですわ。黒系ラーメンと聞き慣れない言葉ですが、濃口醤油を使った黒色スープが特徴です。なかなかオサレな外見ですな。


DSC03102_20081221155443.jpg
ブラックラーメン(700円)を全面に打ち出したここではこれを注文するしかありませんな。比較する為に塩豚骨ラーメン(600円)も注文してみました。


DSC03106.jpg
先に塩豚骨ラーメンが来ました。


DSC03113_20081221155518.jpg
麺は中太平打ちストレート。具財は、バラ肉のチャーシュー,味付煮玉子、ねぎ、メンマと標準的ですな。スープは、見た目ほど濃くありません。食べやすいですな。


DSC03107.jpg
続いてブラックラーメンです。


DSC03109_20081221155503.jpg
見た目は真っ黒ですな。スープは、塩豚骨同様それほど濃く感じませんな。普通に旨いですな。呑んだ後にもオススメです。


DSC03111.jpg
おまけに餃子(250円)も注文!ニンニクはそれほど気にならないタイプでニラと肉の味がしっかりしてますな。〆て1550円也。ごちそうさん。珍しいブラックラーメン。大阪でも地名度を上げてほしいものです。



大きな地図で見る
住所:大阪市中央区西心斎橋2-2-18 
電話:06-6211-6009
営業時間:AM11:30~AM3:00
定休日:無休



TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。