★(・∀・)大阪無料案内所が行く★B級グルメ★立ち飲み★センベロ日記
無料案内所というタイトルですが健全なサイトです。梅田・十三・天神橋・ミナミ・新世界etc・・・大阪のディープなB級グルメを紹介しています。
カテゴリー

グルメ情報

検索フォーム

プロフィール

プリッツ

  • Author:プリッツ
  • 大阪人によるB級グルメ・街の案内を中心に面白ニュースやなど紹介していきます。飲み歩きの事を管理人は「オサーンツアー」と呼んでいます。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
■つけめん:つけ麺処 つぼや(天六)

天六から北へ歩くこと3分、つけ麺専門店ですわ。近くには、つけ麺で有名な神山(大勝軒)があり長蛇の行列ができていますな。こちらは混んでいますがすぐ座れました。


HI361477.jpg
この店の一番の特徴は、麺の量が均一料金というもの。サイズは、大(400g)・中(300g)・小(200g)から選べます。大阪らしいサービスですな。


HI361478.jpg
店頭で食券を購入します。男ならつけ麺大(680円)でしょう。友人は、赤(ピリ辛)つけ麺中(730円)に決定!


HI361479.jpg
追加トッピングも可能。麺が冷たいのが普通ですが、あったかい麺の「あつもり」も可能。薬味に玉ねぎがありますな。後で試して見ますわ。


HI361480.jpg
自家製麺でこだわりが書いてあります。


HI361481.jpg
はい先につけ麺ですわ。ラーメン鉢に出てくることが多いんですが、ここは平たい大皿で出てきます。写真では伝わりにくいですが400gというのうは麺2玉ですので結構な量ですわ・・・汗
麺は、極太のモチモチです。濃厚な魚海系スープが麺に絡み(゚д゚)ウマーですな。チャーシューも柔らかく煮込まれていて普通に旨いです。途中味に飽きを感じたのでトッピングの玉ねぎを入れることにしました。んー甘みが加わるけれど美味しくなると言えるか微妙ですな。


HI361482.jpg
続いて赤つけ麺ですわ。先ほどの大を見ているので目の錯覚で普通に見えます。それでも1.5玉の大盛りです。ラー油ベースの辛味スープになっています。癖になる辛さですな。私的にはこちらの方がオススメです。


HI361483.jpg
〆にスープ割りのサービスがありますが満腹だった為断念。大で680円でスープ割りをすればCPは抜群ですな。向かいにラーメン屋があるのですがそちらはガラガラ。やっぱり今はつけ麺が流行なんですな。ごちそうさんです。




大きな地図で見る
住所:大阪市北区本庄東2-1-23 ミヤビル1F  公式HP
電話:06-6359-5251
営業時間:平日11:00~26:00 土日祝11:00~24:00  
定休日:無休
スポンサーサイト
TOP
■ワンコインセット:白和(梅田)

いつの間にオープンしていたのか不明ですが、最近出来た立ち飲み屋さんですわ。とは言っても以前は普通の飲食店だった様な店構えなので、経営者が代わって業態を変えたのかもしれませんな。店は週末だったので私を含め4人、平日はサラリーマンで賑やかなのかもしれませんな。


HI361466.jpg
店頭の看板です。何か500円玉がギラギラ燃えてますな。ともあれ生ビールにコロッケ・枝豆・一品とはえらい安いですな。早速ログインです。


HI361474.jpg
店内は以外にシンプル。大将とバイトの女の子、二人で切り盛りされてます。


HI361468.jpg
無造作にメニューが張ってあります。


HI361469.jpg
串カツも当然ありますわ。ベタな「2度漬けお断り」の文字も書いてあるのはちょっと・・・観光客は先ず入ってこないこのお店。大阪人なら常識ですから知ってますと突っ込みたくなりそうですわ。


HI361470.jpg
値段はこの界隈ではかなり安いですな。


HI361471.jpg
これがワンコインセット(500円)ですわ。モルツ中ジョッキ・枝豆・コロッケ・一品(肝しぐれ煮)。他店なら1000円の「ほろ酔いセット」の様な内容ですな。


HI361473.jpg
剣先いかのしょうゆ漬け(200円)タコの酢の物(350円)を追加オーダー。剣先イカは軽く炙ってあります。七味マヨネーズがB級グルメですな。普通に旨いです。タコ酢は酸味がやや強く私の口にはあいませんでした。〆て1550円也安いな~。後から来たお客さんは、さっとワンコインセットを頼んですぐ「お勘定」と一言。そんな使い方もアリなんですな。



大きな地図で見る

住所:大阪市北区曽根崎2-13-3
電話:06-6131-0557
営業時間:
定休日:
TOP
■もつ鍋:博多屋(梅田)

お初天神の中ほどを東へ入った「ごて地蔵通り」にあるもつ鍋専門店ですわ。隣には難波で死人の出る火災があったビデオ試写室の「キャッツ」の梅田店(閉店中)がありますな。モツという言葉に弱い私は赤ちょうちんに引き寄せられる様に店に入りました。外見からもわかるように建物が細く奥行きがあります。裏通りと繋がっているので入り口が二つあるんですわ。


HI361462.jpg
チェーン店にあるような綺麗なメニュー表ですな。生中550円はちょっと高め。プレミアムモルツ中瓶(600円)をオーダー。


HI361458.jpg
もちろん看板メニューのもつ鍋(950円)×2人前を注文!追加トッピングももちろん可能。


HI361459.jpg
もち豚スペアリブ(゚д゚)ウマーそうですな。でも予算を考えて我慢することに・・・orz


HI361460.jpg
先に付出しえだ豆(100円)×2が出てきました。冷凍ものなので特にコメントはありません。


HI361461.jpg
煮込まれずにそのまま出てきます。モツは、野菜(ニラ、キャベツ)の下敷きですので当然見えませんな。カセットコンロで10分ほど喋りながら待ちました。


HI361464.jpg
えー感じに煮えてきましたな。ダシの香りが食欲をそそります。モツが鍋の底からお目見え!それでは頂きます。


HI361465.jpg
あっさり醤油ベースのダシで、なんぼでも食べられますな。もつ鍋に欠かせないにんにくスライスも食べてパワーアップ!ボリュームがやや少ないですな。男性ならうどんなど追加トッピングをした方がえーかもしれませんわ。〆て2700円也ごちそうさん。帰りにワンドリンク無料のスタンプカードが貰えますよ。



大きな地図で見る

住所:大阪市北区曽根崎2-14-5  
電話:06-4709-5354
営業時間:17:00~23:30(L.O.23:30)金土17:00~27:00
定休日:無休
TOP
■立ち飲み:立ち飲み処○(十三)

十三東口十三駅前通り商店街を進み、角打ちで有名なイマナカの奥に位置する立ち飲み屋さんですわ。店構えの通りおっちゃん御用達の雰囲気が出てますな。十三でも1,2を争う安さが魅力ですわ。店内は、カウンターのみ10人ぐらいで満席です。

HI361502.jpg
こちらがんメニュー。激安メニューはゆで卵(50円)6Pチーズ(70円)。漬物や缶詰、焼き物、揚げ物などほとんどが200円という380円均一や280円均一の追随を許さない怒涛の価格設定に驚かされます。店はおばちゃんと調理場にもう一人、二人で切り盛りされてるようです。


HI361503.jpg
支払いはすべてキャッシュオン。写真奥に見えている通り料理を持ってくる毎におばちゃんが勝手にお金を盛って行ってくれます。大瓶ビールは当然激安の390円也。アテは、ハムステーキ(200円)と白菜キムチ(200円)です。キムチは、和風タイプの浅漬けではなく酸味と辛さが効いた本場の味。ハムステーキは、B級グルメには欠かせない料理ですな。安物っぽさが実にえーですな。塩コショウの加減も良し普通に旨いです。

HI361504.jpg
次に頼んだのは、ボリューム満点の焼きそば(200円)。ニラ、もやしが野菜、ちゃんと豚肉(細切れ)も入っているちゃんとしたものです。さらに上には目玉焼きまで載っていてこの価格はありえませんな。黄身をつぶして焼きそばと絡めればクリーミーで実に旨いです。旨みオイルで炒めてあるので王将の焼きそばレベルの味付けですな。


HI361506.jpg
最後は、マグロ造り(200円)。中落ちでもセセリでもなくメバチマグロ5切れが普通に盛られています。採算よりも商売っ気が全く無いと言った方が正しいかもしれませんな。CPを考えると西成の難波屋には負けるものの立地を考えるとえー勝負かもしれません。大満足でお愛想!〆て1190円也。ごちそうさんまた来ます。



大きな地図で見る
住所:大阪市淀川区十三東2-7 
電話:非公開
営業時間:[月~土]14:00~23:00 [日]10:00~22:00 [祝]14:00~22:00
定休日:無休

TOP
■立ち飲み:踏切前カドヤ(十三)

十三西口小便横丁の奥、先端部分にある三角コーナー型の新参立ち飲みやですわ。オープンは今年の8月8日、宮崎地鶏を使った炭火焼がウリです。十三名物を目指して、中島美嘉似のカワイイお姉さん一人で切り盛りされています。店名の由来は、阪急三宮線の踏切が目の前にある事と角地である事ストレートですな。キャパは、キチキチで10人ぐらいかな。


HI361512.jpg
メニューは、宮崎地鶏のもも焼きとタタキとスピード一品(きゅうり合え、じゃこおろし各150円)のみと少ないですが、逆に言うと看板商品に自信があるからかもしれません。


HI361510.jpg
もっとも調理場を見ればその意味が良くわかります。人一人が行き来できるだけのスペースで材料を持ち込み手の込んだアテを作る余裕は無さそうです。これが焼き場です。四角形の七輪で炭火を使って炙る様に焼いてはりますわ。


HI361509.jpg
宮崎地鶏タタキ(780円)ともも焼き小(680円)を頼みました。ビールは、大瓶(480円)のみ。ほとんど見かけないサッポロラガー(赤星)ですわ。テキパキと厨房でお姉さんが調理してくれます。混んでいなかったのですぐ出てきました。地鶏ゆえに歯ごたえがあって旨いです。特製のポンズベースのタレもマッチしてますな。


HI361511.jpg
続いて、もも焼きです。真っ黒焦げの様に見えますが、濃い味ではなく程よく火が通り、それほど硬くはありません。焼いている途中、煙がモクモク凄かったのはこの色目に焼く為だったんですな。皿の横には大分名産の「ゆずこしょう」が添えられ酒が進む逸品となってますわ。やっぱり炭火は旨いな~料理だけで見ると値段は、立ち飲み屋にしては高いですが、旨い地鶏と、明るくカワイイお姉さん・お客さん同士の楽しい会話を考えるとCPは、それなりに優れていると思いますな。〆て1940円也。ごちそうさん。

主人曰く11月6日には「魔法のレストラン」で紹介されるとの事、しばらくは混雑するでしょうな。




大きな地図で見る
住所:大阪市淀川区十三本町1-4-15 
電話:06-6303-9999
営業時間:16:30~24:00
定休日:日


TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。